めんつゆを使ったほうれん草 おくら 納豆のネバネバ三昧おひたし

茹でてあえればそれで完成の、夏っぽい野菜メニュー。

使うのはほうれん草とおくらに、市販の納豆。

茹でて混ぜれば完成で、使うのもめんつゆだけ。

手軽にねばねばが楽しめていい感じ!

材料

  • おくら:3本
  • ほうれん草:2かたまり
  • 納豆:1パック(スーパーで売ってる3パック100円くらいのやつ)ひきわりが好み
  • めんつゆ:15mlくらい?

ほうれん草の美味しい茹で方

ほうれん草は、こちらの本に載ってた方法を使ったらすごく美味しく茹でられました。

ポイントは、高い温度の水で素早くゆであげること。

ほうれん草を茹でるときは、1かたまりずつ順番に茹でていく。
ほうれん草の茹で方のコツ

ゆで時間は15秒程度(ホントに一瞬です)

で、茹で上がったら氷水で冷やして、よく絞る。

その後、ほうれん草を切る。切るときに、前に切ったやつを横幅を揃えてやれば、物理的に「同じ大きさ」に出来るってことを最近発見。
DSC06725

つくり方

実際のつくり方は以下の通り。

茹でたほうれん草、茹でたオクラを器に入れ、市販のパックの納豆も同時に投入。

パック納豆のタレも同時に入れてしまい、味付けが足りない分を市販のめんつゆで補う。

味が濃くなりすぎないように、ちょっとずつ足していけば失敗はしにくい。

今回は、味薄いな、味薄いな、ってめんつゆを足しすぎて、見事に濃すぎる味になりました。

DSC06728

納豆の付属のタレでそれなりに味が付くので、薄味が好きな人ならば、ホントに「ちょろっと」めんつゆをたらすくらいで十分に美味しい感じに出来上がります。

使ったお皿はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です