ちょっとオトナなバターライスのオムライス

丼・麺類

ちょっとオトナなバターライスのオムライス

ごりゅごはん通算2度目のオムライス 1回目はコチラ → 卵ふわふわのオムライスを作るコツ | ごりゅごはん 今回は、ごは […]

最終更新日:2014年5月16日

ごりゅごはん通算2度目のオムライス

1回目はコチラ → 卵ふわふわのオムライスを作るコツ | ごりゅごはん

今回は、ごはんをケチャップライスではなくバターライスに変更しました。

また、嫁(@haruna1221)が大半の調理を行ったので、卵とかのクオリティも上がっていると思います。

ちょっとオトナなバターライスのオムライス 材料

今回の、ちょっとオトナなバターライスのオムライスの材料は以下の通り(2人分)

  • 卵:3つ
  • 牛乳:卵1個分くらいの体積
  • ソーセージ:ちょっと高級なやつ2本
  • タマネギ:半分
  • ニンジン:切れ端少し(下の写真参照)
  • バター:1かたまり(15gくらい)
  • コンソメ:7~8g(小袋1.5袋)
  • 塩コショウ:何回も登場

Butter omlet rice 01

ちょっとオトナなバターライスのオムライスのつくり方

今回のバターライスは、嫁力が加わり、ごりゅご1人で作ったときと比べて大幅にパワーアップ。

で、その時に覚えたコツは、材料を炒めている最中に、複数回にわたって満遍なく塩コショウを振りかけること。

これによって、全体に満遍なく塩コショウが混ざり、味のバラツキが少なくなるみたいでした。

最初に、タマネギはみじん切り、ニンジンも細かいブロック状に、ソーセージは薄い輪切りに切っておく。

そして、みじん切りにしたタマネギを炒める。この時に塩コショウ
Butter omlet rice 02

タマネギを十分炒めた後に、細かく切ったニンジンと、薄めの輪切りにしたソーセージを加えて塩コショウ
Butter omlet rice 03

ソーセージとニンジンも十分に焼けた感じになったら、ご飯の出番。ご飯とバターを加えて、ここで味付けにコンソメ投入
Butter omlet rice 04

いい感じにバターライスっぽい雰囲気になってきました
Butter omlet rice 05

これをお皿に山っぽい感じで盛りつけた後は、次の卵の段階へ
Butter omlet rice 06

牛乳を混ぜて溶いた卵を使って、オムライスの上に載せる用の卵を作る(参考記事はこちら

そして、失敗しないコツその2の「滑り落とすようにのっけるタマゴ」のワザ
Butter omlet rice 07

この方法を使うと、表面はツルツルにならないですが、タマゴが崩れてぐちゃぐちゃになる、という可能性がかなり下がります

DSC07146 h

ソーセージが、美味い
DSC07147 h

前回のオムライスと比べ、このオムライスは圧倒的に美味しくなりました。

1つは、ごりゅごメインではなく嫁メインで作ったこと。

もう1つは「肉」がハムからソーセージに変化したこと。

ケチャップライスが好きか、バターライスが好きか、っていう違いはあるかもしれませんが、それにしてもハムをソーセージに変更することでここまで美味しくなるとは驚きでした。

それなりに高級なソーセージを使ったとは言え、4本300円くらいのソーセージ。

タマゴが1個20円だとして大雑把に計算してみると、1人前で200円くらい。

ソーセージはそれなりに高くても、この値段でこれだけ美味しさが変わるなら圧倒的にソーセージ使うのがいいですねぇ。

*何回も塩コショウを振りかけるので、くれぐれも1回あたりの塩コショウは少なめに!ちょっと油断するとすぐに塩からライスになってしまいます。

丼・麺類カテゴリーの記事を全部見る