酸味が絶妙な鶏手羽元のマスタード焼き

我が家の最近のスタイルは、私ごりゅごの料理技術アップを目指して

嫁:メニューとレシピ確保
俺:調理

というのが基本の分担です。

が、今回はなんか嫁がそのままご飯を作ってくれたんで、私は写真に専念。

そして、今日のご飯は品数が多い!

鶏手羽元のマスタード焼き 材料

今回使った材料は以下の通り(2人分)

  • 鶏手羽元:6本
  • 粒マスタード:大さじ1(15ml)
  • マヨネーズ:小さじ1(5ml)
  • 醤油:小さじ1/2(3ml)
  • 砂糖:1gくらい

また、付け合わせとして、ほうれん草を3束とバター、長芋を10cm分くらい利用

Chicken teba mastard 01

鶏手羽元のマスタード焼き 作り方

まずは美味しさの基本塩麹。

鶏手羽元に塩麹を塗って、15分くらい放置。

その間に、暇だからほうれん草を切ったり長芋を輪切りにしたりしておく
Chicken teba mastard 04

また、同時にマスタードソースの準備。手羽元以外の材料を全部混ぜ合わせておく
Chicken teba mastard 02

塩麹を塗って十分時間が経ったら、キッチンペーパーで塩麹を拭き取る
(塩麹はめちゃめちゃ焦げやすい)
Chicken teba mastard 03

強火で一度鶏肉に焦げ目をつけた後、弱火に変更してフタをして、肉全体に火が通るまで放置
Chicken teba mastard 05

で、火が通ったらマスタードソースの一部をかけて、弱火でちょっと鶏肉に絡める
Chicken teba mastard 06

その後、ほうれん草はバターと塩コショウでソテー。長芋はそのまんま焼いて、お皿に盛りつけて、残りのマスタードソースをかけてやる
DSC07486 h

塩麹を塗って放置する時間、というのは必要なんですが、それを除けばほとんどは「弱火で蒸し焼きするだけ」で、15分くらいで完成しちゃいます。

フライパンで少しマスタードを絡めることで、全体に味が染み渡って凄くいい感じ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です