ナスとネギの照り焼き丼 温玉のせ 野菜だけで十分美味しい丼が出来た!

「丼」って言うと肉や魚なんかがほぼ必須かと思ってたんだけど、このナスネギ丼を食べて意識が変わりました。

気分的にも野菜の丼物ということで健康的な感じがするし、実際に肉がないからカロリーも低い。

ダイエットにも有効で、お財布にも有効で、しかもこれが十分に美味しい!材料も少しですむので、けっこうオススメです。

ナスとネギの照り焼き丼 温玉のせ 材料

今回使用した材料は以下の通り(2皿分)

  • ナス:1本
  • ネギ:1/4本分くらい
  • 醤油:30ml
  • みりん:30ml
  • 小麦粉:ナス全体に付ける分
  • ごま油:ナスを美味しく炒める用

ナスとネギの照り焼き丼 温玉のせ 作り方

ナスは1本を半分の長さに切ってから、こんな感じで4枚くらい?に切り分ける
Nasu teriyakidon 02

ネギは斜めに切って表面積を大きく、薄くする。使った分量はこのくらい
Nasu teriyakidon 03

切った茄子全体に小麦粉をまぶして(味が良く染みこむための方法)、ごま油をひいたフライパンで炒める(中火くらい)
Nasu teriyakidon 04

ナスが全体的にいい感じに焦げ目が付いてきたくらいでネギも追加。ついでに、味付けように軽く塩も振っておく
Nasu teriyakidon 05

ここに、30mlずつの醤油とみりんの8割くらいをかける(残りは最後にご飯に)
Nasu teriyakidon 06

お手軽レンチン温泉卵

ちなみに、同時進行で温泉卵もレンジで作っておくと早い(温泉卵は無くても十分美味しい)

レンジ対応のマグカップに水150mlを入れて、そこに生卵を落とす
Nasu teriyakidon 07

これをレンジに入れて90~120秒(環境によって必要な時間がかなり違う)加熱すると、スプーンですくえるいい感じの温泉卵が完成
Nasu teriyakidon 08

あとは丼などにナスとネギを載せて、温泉卵と薬味のネギを載せて完成
DSC07314 h

ナスだけで美味しい丼なんて出来るのか?って思ってましたが、小麦粉の力?で、食感もちょっとサクサク気味になり、なによりもいい感じに醤油とみりんが染みこんで、味がしっかりしてて美味しいです。

究極的には「ナスさえあればできる丼」

思い立ったらすぐできる丼として覚えておくと何かと便利だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です