暑い日に涼しい気分が味わえるきゅうり一本漬け

おつまみ・お酒のお供

暑い日に涼しい気分が味わえるきゅうり一本漬け

Facebookでいいネタ見つけた!って言って嫁harunaがサクッと作ってくれた涼しげ料理「キュウリの一本漬け」 暑い […]

最終更新日:2014年6月9日

Facebookでいいネタ見つけた!って言って嫁harunaがサクッと作ってくれた涼しげ料理「キュウリの一本漬け」

暑い夏にも冷たい野菜をさっぱりあっさり食べられます。

キュウリの一本漬け 材料

今回使った材料は以下の通り(

  • キュウリ:3本半
  • 塩昆布:ひとつかみ(5gくらい)
  • 塩麹:大さじ2(30ml)
  • 砂糖:小さじ1(5ml)
  • 鷹の爪:1~2cm分くらい細く切る&最後の飾り付け
  • ゴマ:最後に見た目を良くする分

Kyuri ipponduke 01

キュウリの一本漬けの作り方

キュウリを洗って半分くらいの長さに切ったあと
Kyuri ipponduke 02

ピーラーを使って「縞模様」になるようにキュウリの皮をむく(味を染みこみやすくさと見た目、食感のバランス)
Kyuri ipponduke 03

「板ずり」という名前のお仕事。塩を振ったあと、まな板の上でころころ転がす
Kyuri ipponduke 04

塩を塗りこんだら、塩を洗い流す
Kyuri ipponduke 05

板ずりの効果は、発色を良くすることのほか、キュウリのイボ取り効果、表皮を傷つけて味を染みこみやすくする効果があるらしい。

で、板ずりが終わったら、ジップロックにキュウリと鷹の爪を入れて、塩麹、砂糖を入れてモミモミ
Kyuri ipponduke 06

この状態で冷蔵庫に入れて、半日以上じっくり冷やしてやる
Kyuri ipponduke 07

冷蔵庫から取り出したときには、キュウリ以外の塩麹や鷹の爪を全部水で洗い流してしまってオーケー。

最後に、ちょっと見た目用の鷹の爪と白ごまなんかを入れてキレイに盛りつけてやると、美味しそうな感じに仕上がります
DSC07802 h

一度2時間くらい経過した物を取り出して食べてみましたが、2時間だと味のしみこみはイマイチでした。

少なくとも4時間くらいは冷蔵庫に入れておいた方が好みの味になってくれそうな感じ。

それにしても、鷹の爪を入れてつけておくだけで、ちゃんと辛い感じの味もキュウリに付いてくれるんですねぇ。

味の「しみこみ」ってやつは面白いもんだと実感しました。

おつまみ・お酒のお供カテゴリーの記事を全部見る