シャトルシェフで作る角煮大根 大根がしっかり歯ごたえがありつつよく味が染みて素晴らしい

シャトルシェフ料理のいいところの1つに、夏のクソ暑い時期に「火を使う時間」を少なく済ませられる、というのがあります。

で、シャトルシェフで料理を作ろうとすると、私は毎回チャーシューしか思いつかない。

そんな時に嫁に「角煮作ったら?」と言われ、さすがにチャーシューに飽きた私は角煮大根を作ってみることにしたのでした。

角煮大根の材料

今回使った材料は以下の通り(2人分)

  • 豚バラブロック肉:250g(506円の半額セール)
  • 大根:3cmくらいを3切れ分
  • 長ネギ:1/2本くらい(臭み取り)
  • ショウガ:薄いスライス3~4枚(臭み取り)
  • 水:100ml
  • 料理酒:50ml
  • 醤油:20ml
  • 砂糖:10ml
  • みりん:10ml
  • 砂糖とみりん15ml(最後の照りつけに使う)

Kakuni daikon 01

作り方

角煮大根作成までの大雑把な手順をまとめると

  • 豚肉を焼く
  • 豚肉の下茹で
  • 豚肉と大根を切って煮汁で煮込む
  • 最後の味つけ

という感じになります。

まずは油を引いたフライパンで「強火」で一気に焼き目を付ける
Kakuni daikon 03

どうせ茹でるので、全体に火が通る必要はありません。表面全体が茶色になればそれで完了
Kakuni daikon 04

その後、焼いた豚肉をシャトルシェフにいれ、強火でお湯を沸騰させる(この水は分量外のもの)
Kakuni daikon 05

沸騰したら弱火にして、アク取りをしながらおよそ10分間加熱。その後、匂い消しに長ネギ、ショウガを入れて
Kakuni daikon 07

シャトルシェフの「保温調理(専用容器に入れて放置)」で1時間
Kakuni daikon 08

その間に、第2段階で使う大根や、第2段階で再び使う、臭み取りのショウガ、ネギを改めて準備
Kakuni daikon 09

1時間後、豚肉の下茹でが完了
Kakuni daikon 10

豚ブロックを一度水洗いして、好みの大きさに切って、再びシャトルシェフに入れていく
Kakuni daikon 12

大根とネギ、ショウガも入れ、水、酒、砂糖、みりん、醤油で作った煮汁で沸騰させていく
Kakuni daikon 13

冷蔵庫に、キャベツの芯が余ってたので、なんかこれでいい出汁がでるかも、とついでにキャベツも入れてみた
Kakuni daikon 14

再び、保温調理という名のフタをして放置をする時間。今度は2時間
Kakuni daikon 15

ほぼ出来上がり!豚肉と大根は取り出して、食べる準備
Kakuni daikon 16

肉や大根を取り出したあとに、この煮汁で「タレ」作り。

砂糖とみりん15mlを加えて、弱火でコトコト、ひたすら煮詰めて水気を飛ばす。

で、お皿に盛りつけた肉、大根に水気を飛ばした汁をかけて完成
DSC07932 h

ちょっと前に作って余ってた煮玉子も一緒にお皿に盛りつけてやりました。

シャトルシェフが凄いのは基本的に「煮込む」という工程が無いこと。

このおかげで、大根の形は一切崩れること無く、いい感じの歯ごたえを残しつつ、同時にすごーくよく味が染みこむという、多分「シャトルシェフでしか出来ない」大根が出来上がります。

ちなみに、作業時間自体はごくわずかで済みますが「保温調理の時間」で合計3時間以上必要になるので、お昼から作り始めて、晩ご飯に間に合えばいいかな、くらいのゆったり家に居られる時間だけはどうしても必要になります。

とは言え、たぶんきっとこの大根を一度味わえば、昼からじっくり角煮大根作るか、と思えるようになるはず!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です