鍋1つで出来る簡単親子丼

ご飯もの・丼

鍋1つで出来る簡単親子丼

丼物は、基本的に鍋1個で作ることができて、尚且つ「失敗しにくい」料理で、作る側としても非常においしい料理だと思ってます。 […]

最終更新日:2017年7月26日

丼物は、基本的に鍋1個で作ることができて、尚且つ「失敗しにくい」料理で、作る側としても非常においしい料理だと思ってます。

けっこう色々丼ものは作ったけど、今回はまだ作ってなかった有名丼「親子丼」を作ってみました。

親子丼の材料

今回使った材料は以下の通り(2人分)

  • 鶏ムネ肉:120gくらい(冷凍保存したやつ)
  • 卵:2個
  • タマネギ:1/2
  • だしの素:小さじ1弱(3~4gくらい)
  • 醤油:大さじ2(30ml)
  • みりん:大さじ3(45ml)
  • 砂糖:小さじ2(10ml)
  • 水:100ml

Oyakodon 01

作り方

タマネギを厚さ1cm強でスライス
Oyakodon 02

玉葱を切る前に、冷凍していた鶏肉をレンジで解凍(元々このくらいのサイズに切ってあったもの)
Oyakodon 04

水、醤油、みりん、砂糖、だしでつゆを作って、そこにタマネギを入れて強火に
Oyakodon 05

つゆが沸騰したら弱火にして、そこに鶏肉を入れて、肉に火が通るまで待つ
Oyakodon 07

卵はすごーく軽く混ぜて(黄身がなんとなくほぐれるくらい)半分だけを鍋に投入
Oyakodon 08

1~2分くらい待ったら、残りの卵を入れて30秒後に火を止めて完成
Oyakodon 09

最後に「緑系」のものをのっけてやると見た目が良くなって美味しそうになります(今回は水菜を使用)
DSC08106 h

緑系の野菜が冷蔵庫に常にちょっとだけあると、ほとんどあらゆる料理の見た目を簡単に1ランクアップさせられてとても便利です。

とは言え、別に「味」としてはあってもなくても大して変わらないんで、余ってたら切って乗っける、くらいの軽い気持ちが料理長続きの秘訣かも。

ご飯もの・丼カテゴリーの記事を全部見る