沖縄料理 麩チャンプルを普通の丸い麩で作ってみた

沖縄旅行に行った際に、沖縄系の調味料などを色々と買ってきました。

その中でも特に「沖縄そば濃縮だし」がすごーく使い勝手が良くて、これ入れて「チャンプルー」を作ってやれば、それだけで沖縄っぽい料理にすることが出来ます。

ということで、今回は「麩ちゃんぷる」の作り方。

麩チャンプルの材料

今回使った材料は以下の通り(2人分)

  • 麩:20かたまりくらい
  • 卵:2個
  • ネギ:約1本(余ったから使ったけど、あんまり使わない)
  • タマネギ:1/2個
  • ニンジン:3cm分くらい
  • コンビーフハッシュ:1袋
  • 無ければ豚肉100gくらい(最初に炒める)

Fu champlu 1

味付け

  • 沖縄そばだし:10杯濃縮だしを水で2杯に薄めて合計50mlくらい
  • 出汁がない場合は、味噌汁などのだしの素&塩コショウでそれっぽくなる

作り方

まず最初に、麩の準備。麩を水につけて5分くらいふやかしておく。

その時間で、まずは野菜を切っておく。
Fu champlu 2

ニンジンは太さ7~8mで、長さ2~3cm。ネギも同じくらいの長さ。タマネギも半分に切って、厚さ7~8mmに切る。
Fu champlu 3

続いて、麩を炒める行程。まず、見ずにふやかした麩はしっかり水を絞る。ボウルに卵を入れてよくかき混ぜて、そこに麩を投入。

2~3分くらい染みこませたら、フライパンで弱火~中火で炒める。
Fu champlu 4

卵が全体的に固まった段階で、フライパンから取り出す
Fu champlu 5

その後、野菜を炒めていく。ここで塩コショウを振っておくと、全体の味が良く馴染む
Fu champlu 6

5分くらい炒めて全体がほぐれてきたら、コーンビーフハッシュを投入
(豚肉の場合は、野菜の前に豚肉を炒める)
Fu champlu 7

卵と一緒に焼いた麩を入れて
Fu champlu 8

沖縄そば出汁を入れて混ぜてやれば完成
Fu champlu 9

そもそも「ちゃんぷるー」というのが炒め物を意味する言葉なので、テキトーに「炒めて」やればチャンプルーにはなってくれます。

沖縄っぽさを出すには、卵をベースに、麩やゴーヤ、豆腐辺りを入れれば、それだけで結構お手軽に沖縄っぽくなってくれます。

後は、沖縄そばだしがあれば、もう完全にぽいやつが完成。

「失敗しない系料理」として、覚えておくとお手軽で便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です