ニラともやしのポン酢和え レンチンだけで出来る中華系副菜

ニラともやしのポン酢和え

チャーハンなんかの「中華系」の料理を作ったときに、なんかこうちょっと物足りない感じを補うメニューとして便利なのが、今回紹介する「もやしポン酢和え」

大抵は、もやしと青ネギを使って作るみたいなんですが、ネギが無かったので代わりにニラで代用。

もやしはレンチンで済ませて、そしてニラは生で食べられる食材なので、生でそのまま食べてやれば、鍋やフライパンは不要。

おつまみにも使えるし、もう一品物足りないときにも使える、簡単で便利なメニューです。

3行でわかるニラともやしのポン酢和えの作り方

  • もやしを3分レンチンして、ニラとめんつゆを混ぜて下味
  • もやしから出てきた水を捨てて、そのまま2~3分水切り
  • かつお節、ポン酢、ごま油、ラー油を和えた後に、ごまを振りかけて完成

材料


大さじ1 = 15ml 小さじ1 = 5ml 断りが無い限り2人前を目安にした分量


  • もやし:1袋(200g程度)
  • ニラ:3~4束
  • かつお節:小さいパック1つ分
  • めんつゆ:小さじ2
  • ポン酢:小さじ2
  • ごま油とラー油:お好みでそれぞれ数ml程度
  • ごま:ひとつまみ(小さじ1程度)

写真は、1人分のもやしとニラの分量
Moyashi ohitashi 1

6秒でわかる作り方

作り方

まずはもやしを水洗いして、ラップをかけた容器で3分間レンチン
スクリーンショット 2014 10 09 19 41 11

レンチンが完了したら、3~4cmに切ったニラを混ぜて
スクリーンショット 2014 10 09 19 41 31

めんつゆをかけた後に全体を混ぜ、2~3分置いておく
スクリーンショット 2014 10 09 19 41 40

2~3分でもやしから水分が出てくるので、今度はざるなどで1~2分水切り
スクリーンショット 2014 10 09 19 42 01

後は、ポン酢、ごま油、ラー油などをかけて
スクリーンショット 2014 10 09 19 42 26

かつお節も振りかけてからよく混ぜて
スクリーンショット 2014 10 09 19 42 35

器に盛りつけてから、ゴマを振りかける
(今回は、サッポロ一番塩ラーメンカルボナーラの時に余ったゴマを利用しました)
スクリーンショット 2014 10 09 19 43 57

コツは、めんつゆをかけた後にちょっと時間をおいて、もやしの水分をちゃんと出し切ってしまうこと。

これによって「水っぽい感じ」になりにくくなり、少量のポン酢でもちゃんといい味が出てくれます。

もやしは結構激安で売ってるところが多いし、火を使わないので調理も簡単。

2014 10 08 13 36 10 h

ニラを生で食べるのが気になる人は、もやしと一緒にレンチンしてしまえば、色々手間も省けます。

単品でおつまみにも出来る、お手軽すばらしき料理です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です