余った材料で作った中華丼(失敗) とその改善案

今日のご飯

余った材料で作った中華丼(失敗) とその改善案

だんだん料理が作れる気になって調子に乗ると、だいたい見事に失敗します。 今回は、テキトーに作って見事に失敗した中華丼。 […]

最終更新日:2015年4月2日

だんだん料理が作れる気になって調子に乗ると、だいたい見事に失敗します。

今回は、テキトーに作って見事に失敗した中華丼。

味は悪くないんだけど、餡が全然なくて、中華丼ぽくなくなって勿体無いという失敗例です。

材料

今回使った材料は以下の通り。

  • 余り物白菜100gくらい
  • 人参5cm分程度
  • 椎茸2つ
  • 豚コマ100g程度

調味料は

  • 鶏ガラスープの素 小さじ2杯
  • 醤油 10ml
  • 料理酒15ml
  • 水溶き片栗粉 水100cc 片栗粉大さじ1

作り方

今回、白菜はシャキシャキな感じにしたかったので、火が通りにくいニンジンを先にレンチン。これで、野菜をまとめて火にかけても、ニンジンは火が通って、白菜はシャキシャキのままにする目論見。

そして、とりあえず中華料理を作るときに、もっともお手軽にそれっぽい雰囲気を出すのに便利なのがごま油。

今回も、材料を炒めるのにはごま油を使います。

ごま油で豚肉を炒めて

色が変わったら残りの野菜を一気に投入。強火でサクッと終わらせると良いです。

で、残りの調味料をまとめて投入して、火を止めてから水溶き片栗粉を入れてトロミをつける…

って予定だったんですが、水溶き片栗粉でトロミは付くんだけど、そのもとになる「あん」が全然足りないから、すっげぇ粘度の高い、ごく少量の餡が入った残念な中華飯に…

味自体は、悪くは、なかった…

今度作るときは

  1. 水100ml程度を用意しておいて
  2. 調味料は水に溶かしておく
  3. 肉、野菜を炒め終えたら、そこに調味料を混ぜた水を加えて
  4. 最後に水溶き片栗粉でトロミをつける

とかでいいのかなぁ。

水溶き片栗粉があれば水あるやん、とかっていう意味不明な思い込みをしてるところが、やはりなんというかぼくの料理のセンスの表れですよねぇ。

今日のご飯カテゴリーの記事を全部見る