煮豚の煮汁を使ってラーメンスープのベースにする

麺類

煮豚の煮汁を使ってラーメンスープのベースにする

チャーシュー (煮豚)の煮汁を使って、自家製のラーメンを作ってみました。 家で作ったスープ使ったラーメンってはじめてだっ […]

最終更新日:2017年7月4日

チャーシュー (煮豚)の煮汁を使って、自家製のラーメンを作ってみました。

家で作ったスープ使ったラーメンってはじめてだったんだけど、想像以上によい出来栄えで、これなら定期的に作りたいな、ってレベルのラーメンができました。

煮豚の作成

煮豚は、炊飯器で作る超簡単チャーシューを利用。


そして、ゆで卵を作り、ジップロック袋にゆで卵と煮豚の煮汁を入れて一晩放置。(味玉作り)

これで下準備は完了。

煮豚の煮汁でスープ作り

翌日、煮豚を作った残りの汁を使ってのラーメンスープ作りです。

レシピはこんな感じ。

  • ラーメンの麺1人前(スーパーで購入)
  • 煮豚の煮汁 60ml
  • 熱湯 300ml
  • 創味シャンタン(味覇) 小さじ1(4グラム)

煮豚の煮汁を加熱して沸騰させて、ラーメンの丼に投入。

これに沸騰した熱湯を入れて、創味シャンタンを溶かす。

規定時間茹でた麺を丼に入れ、半分に切った味玉と、作ったチャーシュー(煮豚)を乗っけて完成、

今回は、その他に乾燥わかめ、刻み葱を乗っけてやりました。

 イマドキ流行りのラーメン、とかと方向性は違いますが、昔ながらのラーメン屋、みたいな優しい感じの飽きないラーメンです。

スープが薄ければ煮汁を足し、スープが濃ければお湯を足すことで、味の調節も簡単。

なんか煮汁を薄めるだけでもラーメンスープになるよ、って書かれてたんですが、これだとあまりにも味が物足りず、結局この天才中華の素に頼りました。

麺類カテゴリーの記事を全部見る